最終更新日:18.12.12

データ入力の在宅ワーク・内職お仕事探し セカンドジョブ

データ入力系求人紹介サイトキーワード検索 [在宅ジョブポート内]

在宅ジョブポートHOME > データ入力の仕事とは

データ入力の仕事

データ入力のお仕事に役立つ基礎知識や情報を解説したページです。

データ入力の仕事

在宅のデータ入力は人気No1の職種

在宅のデータ入力は人気No1の職種インターネット上の求人を介して行われる在宅ワーク・・内職、副業の中で、データ入力関連の仕事はダントツNo.1の人気職種です。特に小さな子供を抱えていて正規の職に就けない専業主婦の方や、本業(会社員/OL)のかたわら小遣い稼ぎ、というケースが多いようで、男女比は、約30:70と言われています。

データ入力の仕事は、特別な専門知識や専門ソフト、ハードが不要で、在宅の仕事自体が初めての方でも扱える内容(単純作業)であること、そして、携わる時間を自身の空き時間や都合に合わせて調整しやすいお仕事であるということが人気の要因となっているようです。

データ入力の仕事内容とその種類

データ入力の業務委託は、クライアント(業務の委託会社)が、自社内で処理しきれない(または、外部に委託した方がコストが安く上がる)ボリュームの多いデータ類をアウトソーシング(外注)としてあらかじめ契約している先(エージェント=代理業者)に在宅ワーカー(貴方)の紹介を依頼するところから発生します。

お仕事自体は、紙ベースの内容、またはWordやExelのデータを、クライアントが希望する一定のフォームへ入力(データ化)する作業が主になります。

データ入力のお仕事の種類は以下のとおりです(主な例)
※以下の項目名は、当サイトが便宜的に区分したものです。クライアントによって扱う際の呼称は異なることがあります。

1.テキスト・文字の単純な入力業務
※クライアントから受け取ったデータ(資料)を、一定のフォーマット(先方が用意します)に入力していく作業。(指定されたホームページ内の商品データ入力等も含む)

(1)テキスト入力:ベタ打ち入力、顧客データ・住所録入力、名刺入力、通販商品データ入力など
(2)アンケート集計入力:アンケート会社の集計、入力企業イベントのアンケート集計入力など

2.一定のスキルが必要な入力業務
※テープを聞きながら入力を行ったり、特定の知識が必要で、入力スピードや正確性が特に求められる作業。(資格は不要だが、それなりのスキルや経験は必要)

(1)テープ起こし入力: 会議のテープ起こし、講演のテープ起こし、インタビューのテープ起こしなど
(2)会計・経理入力業務:月次仕訳業務、決算業務のデータ入力など

得られる報酬はどのくらい?

データ入力のお仕事は、比較的どなたでも取り組め、人気がある職種なので、特殊技能や資格が必要な仕事と比べると報酬単価は低めになります。

テキストのベタ打ち作業で言えば、普通の入力スピードをもった方で時給に換算すると600円前後、ブラインドタッチができるかたで1,000円前後が標準かと思われます。

以下は、当サイトに掲載しているサイトが表示している報酬の一例です(※)

・ベタ打ち入力業務:1文字0.2円
・テキスト入力業務:1文字3円
・名刺・顧客データアンケート入力業務:1件4.5円
・マーケティング業務:1文字25円
・集計・検品・校正・指導入力:1件450円
・Word入力業務:1コンテンツ1,000円
・Excel入力業務:1コンテンツ1,000円
・決算処理入力業務:1件7,500円
・ 月次仕訳業務:1件3,000円

※ 報酬は、業務委託会社(クライアント)、時期、案件によって異なりますので、上記の報酬はひとつの目安としてご覧ください。

仕事上で注意すべきポイント

データ入力のお仕事は、内職、副業と言っても、本質的に正社員やパートのお仕事と変わりありません。

ともすると、納期やミスに関しては、正社員やパートより条件的に厳しいケースもあります。例えば、納期を守らなければ、その報酬も払われず、次回のお仕事も回ってくることはありません。

万一、突発的な事態が起こって納期が遅れそうな場合は、一刻も早く担当者に状況を説明し、善後策について相談することが重要です。

また、タイプミスについては100%の精度が必要です。

あまりミスが多いと極端な場合不払いに繋がることもあります。この行為が合法かどうかは契約内容も絡んだ微妙な問題になりますのでここでは触れませんが、そのようなことが起こらないに越したことはありませんので、入力後に最低2回は一言一句、元データと照合しチェックする習慣をつけることをお勧めします。

スキルアップで条件アップ!

データ入力のお仕事は報酬単価が低めですが、入力スピード(もちろん正確性があった上での)が上がれば、受けられるお仕事も増やすことができ報酬アップにつながります。

また、クライアントに認められれば単価がアップになる可能性も高くなります。

このお仕事を長く続けたいと思われている場合は、ぜひスキルアップに心がけ、ブラインドタッチ(キーボードを見ないで正確に入力ができる技術)を目指されることをお勧めします。

スポンサードサーチ


その他在宅副収入おすすめサイト

データ入力以外の在宅副収入おすすめ3×3
>>ページTOP へ 個人情報保護方針免責事項運営者相互リンクサイトマップお問い合わせ